abstract in concrete

git stashでオートセーブを実現するatom packageを作った
映画『この世界の片隅に』感想

「麺」と「スープ」よりも「麺」と「硬め」の共起性を高めようとする自称トリックスターたちは、
最初から硬めの麺を出す店があったとしても硬めを頼まずにはいられない。

硬いとはなんだったろうか。

数十年後、ラーメン界では「硬め」とは「ラーメン一つ」を注文する慣用句になっているだろう。この流れを止めることのできるものはいない。

git stashでオートセーブを実現するatom packageを作った
映画『この世界の片隅に』感想

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *