Archives

macでchromeを指定したユーザー設定で起動させる

※2013-11-02追記:Dropboxで設定を同期すると頻繁に更新通知が出てウザい上にたまに拡張機能が働かなかったりするのでローカルに指定することをおすすめします。
google chromeは速いらしいけど僕のchromeは拡張機能・アプリ満載で、重いわ―とボヤく北上様のようになってきた。

特にRSSを消化するときなんかは、ブラウジング機能だけでサッサと起動して欲しい。

起動させてから数回クリックでいじるとかじゃなくて、そういうショートカットを作りたい。

windowsだと出来るみたい: 別の設定データを持つChromeを起動する方法

これをmacでもやるにはAppleScriptを使う。

ユーティリティ>AppleScriptエディタを起動し、

do shell script "'/Applications/Google Chrome.app/Contents/MacOS/Google Chrome' --user-data-dir=/Users/ユーザー名/Dropbox/settings/chrome"

みたいに書き込む。Dropboxで共有しとくといいよねきっと。

ファイルフォーマットはアプリケーションで保存。

そんでAppleScriptのアイコンではダサいので速そうなchromeのアイコンをググって使う。

macでアイコンを変えるのはちょっとめんどくさくて、icoファイルをプレビューで開いてコピーして、アイコンを変えたいファイルの情報を見るの左上のアイコンにペーストする。

hal_9000___google_chrome_v_1_0_by_virtualdreamz-d2zd9ln.ico_と_Light_Chrome.app_の情報-11-3名前はLight_Chromeにしてみた。速そう。

ドックに追加するとなんかいい。

スクリーンショット_13_11_01_2_37

chromeの記事とか書くとクソライフファックブログっぽさが出て味わい深いなあ。

 

OpcnCV用alias

.profileに

alias makecv='g++ -O2 -Wall `pkg-config --cflags opencv` `pkg-config --libs opencv`'

 

としておけば、例えば hogeee.cppをコンパイルする場合

makecv hogeee.cpp -o hogeee

 

で実行ファイルhogeeeが作成されます。
さっとテストするためには必要ですね。