たくさんのdxfをillustratorで開けるように変換する

実装ゲーを抜け出して相対化ゲーに参加する
confluenceをmedium風のコンテンツファーストデザインにする

現在のIllustratorでは、AutoCAD以外から書き出したdxfを開こうとすると「テキストファイル」として認識されてしまいます。

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/kb/234692.html

AutoCADのheaderが無いからなのですが、せめて選択できるとか警告を出すとかにしてほしい。。。

まあ出来ないものは仕方ないとして、例えばOpenSCADやKiCADで書き出したdxfを毎度テキストエディタで開いて、上記サイトを開いてheaderをコピペして、無駄な改行を削除して。。。とやるのはさすがに極まっています。愚が。

こんなときこそautomatorの出番です。(osx限定)

automatorで「アプリケーション」を作成し、「シェルスクリプトを実行」、「引数として」入力を引き渡し、以下のコマンドを実行します:


for f in "$@"
do
	LF=$(printf '\\\012_')
	LF=${LF%_}
	sed -i "" -e "1s/^/0${LF}SECTION${LF}2${LF}HEADER${LF}9${LF}\$ACADVER${LF}1${LF}AC1008${LF}/" $f 
done

sedの挙動はLinuxのGNU版とosxのBSD版では微妙に違いがあり、下記サイトを参考にしました。

http://qiita.com/catfist/items/1156ae0c7875f61417ee

そしたら後は作成されたappをdockに追加して、headerを追加したいファイル群をアイコンにドラッグ&ドロップするだけでおkです。

個人的にosx卒業する機運が高まりつつあるなか、こういう小回りの良さが捨てがたいなぁと思います。

実装ゲーを抜け出して相対化ゲーに参加する
confluenceをmedium風のコンテンツファーストデザインにする

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *