エロ駆動型Unity+MMD+Oculus Rift その1 既存のエロコンテンツまとめ

美しさについて
画像処理で見るグッゲンハイム ヘルシンキ

私は激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。私にはUnityが分からぬ。私は、一介のオナニストである。マスをかき、息子と遊んで暮らしてきた。けれでも規制に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明私はOculus Riftを手に入れ、Runtimeを入れファームウェアアップデートをして、愕然とした。

とは言ってもエロコンテンツが無いわけじゃない。例えば最近鳴り物入りで発売したPlayGirlsというやつがある。しかし体験版をやってみてみな一様に感じていることと思う。

違う、そうじゃない

と。

まだ仮想空間は(解像度的制限により)記号空間として認識されてしまう。記号空間であるからにはアニメ・漫画キャラクターこそが唯一絶対の正義なのである。化粧をしなければ男性と代わり映えしない顔面容姿であるところの三次元人間が仮想空間入りしたところで、「セカンドライフじゃねーんだから(冷笑)」とこれにはメロスも呆れ顔である。

一方でMikulusは素晴らしい。よもや自分が初音ミクに見つめられてドキドキしようなどとは夢にも思わなかった。(どちらも@GOROman先生だけど)

かようなエロをもっと!わっふるわっふる!という気持ちでいっぱいだが、残念ながらそれは叶わない。

PCLだ。

クリエイターができないこと
宣伝や広告のために二次創作物を使うこと
他の人の作品を、自分のものだと偽って使うこと
キャラクターの価値を下げるような使い方をすること
他の人を不快にさせ、または傷つけるために二次創作物を使うこと

piapro(ピアプロ)|ピアプロ・キャラクター・ライセンス(要約)

いや、分かる。みんなが楽しくコンテンツを制作する環境に秩序が必要だということは。

とにかく問題は、PCLのもとではR-18コンテンツは暗めのグレーゾーンっぽいということだ。

またボカロでなくとも、MMDの製作者様側で規約を設定されている場合もある(MMDモデルデータ付属の”Readme.txt”や”よんでね.txt”などに記載)。

だとすれば答えは一つ。

自分で作る

である。何人も個人利用に制限をかけることは出来ない。メロスが走ることを制限することは出来ないのだ。

というわけで次回からUnity + Oculus + MMDでの作り方を書いていきます。実体は無くとも、型だけが語り継がれる「日本的なるもの」をみんなで作ろう。(文化的発言)

今回は、既に存在する「そっち方面のコンテンツ」を紹介するにとどめておきます。

無料コンテンツ

not R-18

R-18

有料コンテンツ

 

次回予告

こういうのを作る

スクリーンショット_120814_124419_AM

美しさについて
画像処理で見るグッゲンハイム ヘルシンキ

One thought on “エロ駆動型Unity+MMD+Oculus Rift その1 既存のエロコンテンツまとめ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *